05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念 予想

キタサンブラック

 最早多くを語る必要はない名馬
 しかしこの馬を軸にしたくない気持ちは今も強い と言うのもこの馬はリズムよく走らせられるか
 それが好走の条件となるタイプなのでいつ他が崩しにかかるか未知数なだけにどうしても軸に置けない
 ミュゼエイリアンに翻弄されて惨敗したダービー リアファル マリアライトにチョッカイ掛けられた去年
 アンビシャスにがっちりマークされ僅かに敗れた大阪杯
 自身のペースで走れないと意外な脆さが出るのかなと負けたレースを観て思いました

 余談だが敗れたレースは殆ど横山典騎手が絡んでいる点は面白いですね 今回はサムソンズプライドですか
 どう乗ってくるか楽しみですね

ゴールドアクター

 昨年の覇者
 今秋はオールカマーを勝ってJC4着と言う臨戦からの参戦
 基本は中山向きの同馬だが 私はどうしてもマツリダゴッホ臭がして嫌な予感しかしてません
 ベースはLなだけに内枠が歓迎できるタイプではないし勝ちにいく競馬をすると春天のような結果になってしまうと
 プラスよりマイナスの面が著しいので人気を加味したら買いたくないですね また体重が減ったら危険信号だと思っています

ムスカテール

 これが走れるなら ヤマカツエースやアドマイヤデウスが普通に走れるでしょうね

ヤマカツエース

 今でもハッキリとタイプが掴めていない馬
 瞬発力よりは団子状態のひしめき合いの流れや何かが大逃げを打って縦長の流れになる方が向いている馬でしょうね
 その関係でたるい流れになりやすい広いコースは向いていないし距離も2000ぐらいがベスト
 また疲労にはそれほど強くない 連続好走は可能なので今回誰かが大逃げをかます競馬をするならもしかしたらがあるかもね

サムソンズプライド

 おそらくペースメーカー・・・かな?

サウンズオブアース

 現役最強の2勝馬
 そこらのG1馬より稼いでいると言うナイスネイチャも真っ青なお馬さん
 昨年は2着に好走出来たが今年はどうしても好走出来るイメージがわかない
 ジャパンカップを道悪で好走してしまった馬はどういうわけか有馬記念で凡走する馬が大半である
 この馬はG1こそ好走できる能力はあるものの勝ち切れていない そういう馬が過去の凡走馬を超えて走ると言うならば
 ザッツ ジャスタ ドリパスは浮かない顔をするでしょうね

マルターズアポジー

 今勢いに乗っている新興勢力
 この馬の逃げは楽に行った行ったという逃げとは少し質が違う感じがしており
 今の弛んだ競馬界に活を入れてくれるんじゃないかという期待はある
 しかし大型馬と言え前走大幅減を逃げ切った後の延長アップ戦は苦に感じてしまうでしょうしキタサンが潰しにかかるものなら
 なお苦しい展開になるでしょう

 唯一救いがあるとするなら後続を置き去りにする大逃げ・・・でしょうか
 こうなれば人気馬は下手に動けないし他の馬も有力馬をマークしたままなのでプレッシャーから解放されてスイスイって言う事にはなるでしょうね
 それでも肉体的にしんどくなって垂れる可能性はありそうですが・・・

ミッキークイーン

 まさかの休み明けのエリ女3着からの参戦
 今回は生涯初の人気暴落と言う気楽な立場での参戦
 この馬は叩いて良くなっていく馬だと思っているのでこれは面白いなと言う気持ちはあります
 しかし基本はグランプリ向きの馬だと思っていないので過度に買うのは危険かなと言う思いもあります
 とはいえ生涯初の人気暴落なので買う価値はありだと思っています トゥザワールドもこんな感じ出来ましたしね笑

ヒットザターゲット

 もう大舞台で戦える力は無いでしょうね
 ダウン戦で

アドマイヤデウス

 G1で走れても不思議じゃないのに走れない馬
 かつて負かしたウインフルブルームやサウンズオブアースは勝ってこそいないものの
 それなりに善戦してきている
 レースの使い方次第の馬であるんでしょうね 今年はJCをパスしてここに的を絞った感じの参戦
 京都大賞典でキタサンに迫った2着 不向きな流れの秋天を6着
 決して悪い感じはしない が 間隔が開いているとはいえ前走大幅馬体重減で走った点は気掛かり
 グランプリ向きな馬だと思っているので今年も騙されたつもりで買っていそうであるw

サトノダイヤモンド

 今でもあの臨戦で皐月賞馬券内に走ってきた事はビックリしている
 これがディープの鮮度によるものなのか自身のポテンシャルによるものなのか
 未知であるが もしポテンシャルによるものならここは普通に走ってきそうである
 オーナーの勢いも助けになって尚更厄介である
 L寄りの馬に見えるが精神力も高めの馬だと私は観ているので若く熟された今大崩れするイメージは無いかな

サトノノブレス

 ダイヤモンドのアシストかな?
 ダウン戦で・・・もやれるかな?

デニムアンドルビー

 長期休養明けから走った前走は上がり最速の8着
 しかしこれは馬体を大幅に減らして走った結果
 自分はどうしてもこれが気に食わないですね ここから距離を延ばして体力を要求されると
 どうしても最後の末脚に響いてしまうんじゃないかと思ってるだけに気に食わないです

 意外と気にかけてる人は多いみたいですね 生涯最高の出来だった宝塚でも勝ちきれなかったので
 それよりも劣る出来に前走のダメージと言うマイナス面を考慮すると穴といえど手が出せないかな

シュヴァルグラン

 春のグランプリと似たような臨戦で参戦
 強い馬であるが疲労耐久力が高くない点がネックである
 今回もおそらく無難に乗ってくるだろうが それをやると中途半端な着順に収まるでしょうね
 来年はベストな臨戦で宝塚に挑んでもらいたい

アルバート

 昨年は大きく遅刻してしまった馬
 今年も追走するのに一杯一杯になる感は否めないが
 もしかしたらもしかするとって言うのはありますね

 最も前の馬達のやり取り次第ですがね

マリアライト

 昨年はゴールドシップに唯一釣られてたね
 速い上がりの競馬は向いておらず またロスを受けると巻き返すほどの脚もないため
 内枠がよろしくない馬
 外からスムーズに位置を上げて押せ押せの競馬を得意としている馬なのでミッキークイーンやゴールドアクターとは馬券の相性が悪い

 今年はリズムを落としての参戦とディープインパクト産駒と言う点で見るとよろしくないしマンネリ気味な点もいい気がしない
 一応グランプリ向きのタイプなのでそこだけは厄介な点である が買うならガクッと人気落ちてほしいですね

大逃げをかますならマルターズアポジー
そうじゃないなら・・・ アドマイヤデウスにもう一度騙されてみようかなと言った感じのグランプリ予想です

キタサンとダイヤモンドが両方飛ぶと言う感じは今のところ感じないので どちらかを軸にして穴馬に流すのがベストなのかなと言った感じですかね
スポンサーサイト

フェブラリーS 予想

◎ロワジャルダン

キンカメのM系 前走軽く凡走でノーストレス ノー疲労に人気落ちのオプション付き
みやこSを勝った時とホボ同じ条件が揃っての参戦 騎手がヤラズを決める以外目立った悪さが無いので本命

〇ホワイトフーガ

クロフネのSL系 同馬は前走流れは向いていなかったのだが掛かりながらも快勝した隠れ凡走からの参戦
短縮で流れが早くなれば本質的に向くだけに侮れない馬である 内枠もこの馬にとってはプラスのはず
◎の馬との評価の差はそんなに無いです 〇にしたのは単に人気しているからです

▲タガノトネール

ケイムホームのSL系 根岸組は本来相性最悪のローテなのだが同馬はおそらく延長の方が良いと思うので
突かれたり挟まれたりするとやる気を失くすタイプなのでその点だけが引っかかり3番手

△ベストW

休み明け参戦 内枠は割引

★コーリンベリー

逃げれば大荒れを演出するかも

単 2 6

複 13

馬連 2-6 13 8

ワイド 13-2 6 8 5

3連複 2-13 6-6 8 5 7 4

京都記念 予想

ヤマカツエース

マイネルフロストが単騎で大逃げをかます展開を3~4番手から追走し勝利
連勝の勢いは怖いが連勝と前走大逃げ打った馬を捕まえるために早めに動いた反動がここで出そうなだけに絶対的な馬とは思えないかな
距離自体伸びるのはあんまり問題ないかも

アドマイヤデウス

前走は位置が少し後ろすぎたなと言った印象を持つ馬
スローペースが向かない馬で外枠もアウトそして本来は京都記念向きの馬ではない
内枠を引けたのは幸運で位置は3番手集団くらいがベストかな

トーセンレーヴ

スローの中後方待機で直線のみの競馬
ペースはこの馬向きになり好走出来たが馬込みを縫って鮮やかに走って来ただけに
ダメージを負っていそうでここで軸で買う気は特に起きないかな

ショウナンバッハ

AJCCは後方ズドンと立ち回りの上手さで来れた気はするも
まだ未知的な部分があるだけに期待してみたいところもある馬ですね
道悪でなかったら切っていたのですが雨が強く降るなら賭けてみたいですね

トウシンモンステラ

前走は良い騎乗だったが 馬の力不足が出た感じかな
距離が短くなってどう出るかだが あんまり期待はできないかな

タッチングスピーチ

休み明けからの挑戦 ローテ適性共に向いているだけに侮れないが
道悪で消耗度が激しくなると牝馬と言うのが落とし穴になるだけに当日の天候には気をつけたい
またエンジンの掛かりが遅い馬なのか追い出しが難しいだけに取りこぼす可能性もありそうですね

サトノクラウン

前走はよもやの惨敗 調整に狂いがあったとしか言えない結果だっただけに同馬の力量を改めて計りたい
初の関西輸送だけにこの点は気掛かりである

マイネルディーン

雨が降って多少はマシになるだろうが どうかな?
元々は京都向きではないと思ってるだけに厳しさの方が際立つかな

レーヴミストラル

前走は後方待機からの追い込みで重賞2勝目をマーク
ただ2走前の敗走から道中無駄な脚を使えない馬だなと思っただけに展開面に左右される馬とあって
人気だと軸にし辛いなという私の苦手とするタイプです
雨馬場は微妙なラインですね

ワンアンドオンリー

宝塚同様ペースと位置取りに泣かされた馬
この馬もここは本来走れる舞台じゃないが雨と位置取りを前に持って行った時走る可能性があるだけに
出来れば人気落ちしてほしい

トラストワン

ちょっと面白いかなと思ったが
間隔を開けた分が気に入らないです

ヒストリカル

前走は楽に追い込めた感じはするが馬は充実している感じがするね
パワー系ディープで京都ってキャラではないが雨が降り続くならもしかしたらがあるかもしれません

ミュゼゴースト

休み明け初戦がここですか
未知なる部分があるだけにこの人気は面白いです
ただ枠が外すぎますね・・・

スズカデヴィアス

前走は逃げられなかった逃げ馬のカードを使った馬
2番手の馬に煽られぎみとあってちょっと苦しかったかなと言う面はあったが
それでも頑張って6着 今回は頑張った分と苦しかった分がゴチャゴチャなだけに評価が難しい
単騎逃げなら気分よく走って残れる可能性はあるね ただワンアンドオンリーが迫ってくるなら危ないかもしれません

コスモロビン

もう厳しいかな

共同通信杯

ディーマジェスティ

とりあえずこれのみ 頭数少ないと気合が入りにくいです

秋華賞  予想 簡易版

◎タッチングスピーチ

連続好走で疲労ストレスは気になるもディープの鮮度で相殺されるならば今回も期待したい

〇マキシマムドパリ

前走から面白そうに感じましたので

▲レッツゴードンキ

本質はマイルでしょうが世代戦なら

△ホワイトエレガンス

追い切りは良くも死に枠に入ってしまったので

★アースライズ

横綱競馬になれば浮上する可能性があるので

土曜日の穴馬予想

中山10

◎ゴールデンハープ
〇シルクブルックリン
★ハツガツオ

阪神10

◎サンシカゴ
〇フェアラフィネ
★メイショウゲンブ

中山11

◎マーブルカテドラル
★メイショウインロウ

シリウスS

◎アメリカンウィナー
★トウシンイーグル

プロフィール

天然の馬人

Author:天然の馬人
競馬歴:6年
まだまだ未熟な者 あまり小難しいことは考えない主義であります
殆ど感で予想しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。