04
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

訪問者

高松宮記念 追い切り診断+α

セイウンコウセイ 体感評価 B

大外をぶん回しての調整 出遅れたら終了と言わんばかりの内容ですね
強い調教を課してますが最後勢いがぱたっと止まったあたりを見ると去年の方が上だなと感じてます
前走は逃げの位置取りを取ってしまったので評価しにくいのですが58背負って好走したのがややこしい
過去10年前走58(56)キロ以上背負って掲示板までに走って来た馬がこのレース挑んだ時の成績は

08年 スズカフェニックス 2着→3着
10年 キンシャサノキセキ 1着→1着
    サンカルロ 3着→4着
    ファイングレイン 5着→8着
11年 キンシャサノキセキ 2着→1着
    ジョーカプチーノ 1着→10着
    ダッシャーゴーゴー 1着→降着(4着)
12年 カレンチャン 4着→1着
13年 ロードカナロア 1着→1着
    ドリームバレンチノ 1着→2着
14年 マジンプロスパー 4着→18着
15年 ミッキーアイル 2着→3着

紛れが少なくなったのか改修後はマジンプロスパーを除いた馬は皆3着以内に来てるという結果になっており頭を抱えさせられるデータですね 唯一ボロボロだったマジンプロスパーは4着といっても3着とは2馬身1/2と離されていたので同馬はその点これよりは上なので悩みもの
今の予想で単は無いと言う感じです

リエノテソーロ 体感評価 A

馬柱がボロボロの割に追いきりの動きは意外と良く スピードを感じさせる内容ですし勢いが最後まで落なかったのは良いと思ってます
2走前は逃げてそこそこ走る意欲を見せており前走も久々の1200で思うように競馬できていなくてコンマ4秒差なら
内枠で1200に慣れてくる今回怖いなと言う感じはしておりますしGⅠ2着の実績持ちです 高松宮のデータ上推し材料が乏しいですがクソ穴とは得てしてこういう乏しい馬がやってくるからクソ穴なので相手に入れてもらいたいですね

ブリザード 体感評価 D

何かに気を取られたり嫌がる素振りを見せたりと走りに対する集中力が欠けてるね
当日は大勢の歓声が出るだけに余計力が出せないまま終わってしまうのではないかと感じさせる内容です

スノードラゴン 体感評価 B-

動きは変わらずいいです そう動きはね
障害とか行ったらまだ活躍できそうな気はしなくもないです

ノボバカラ 体感評価 C

ただ走っている そんな感じに見受けられた内容
このリズムなので見せ場だけで終わってしまいそうな予感が強いですね

レッドファルクス 体感評価 B

動きは良いね ただ舌を出して走ってるのを見ると走りに対する集中力は欠けてるね
加齢とともに狡くなってきてるとするなら この鞍上の闘魂注入でどこまで修正できるかがカギとなりそう
この馬も58キロ背負って走ってきた馬なのでスパ切りができない現状であるが同馬は追い込んでの3着
改修後で過去に馬券になった馬たちは皆5番手以内の競馬だった事を考えるとここが死角になりうるのかなとも思っているので軸では買えないです

ナックビーナス 体感評価 B+

馬柱と照らし合わせればこの動きは納得できる動き ほぼアクションを出さなくても馬が自ら動いており充実性を感じさせる内容です
ただスピードが乗っかるのにやや時間掛かってるところを見ると疲労の蓄積はあるのかな~ってなってるのでそこだけは気掛かりである

レッツゴードンキ 体感評価 B

この馬はいつもよく動くなって思わされる馬なので 調教からあれこれ言う事がないですね
ただ前走思いっきりやりきってしまってるので ここは買うタイミングではないはず

ファインニードル 体感評価 B

序盤こそ右に寄れたがしっかり修正してからは真っ直ぐ走っているね
今回が休み明け2走目 まだ疲労ストレスは軽い方なので走ることはできる
前走は内枠から好位でインをうまく立ち回って2馬身差の1着という結果 今回これ以上の騎乗をすることが極めて難しく
着差が2馬身という事 同じくインを好位からうまく回って同じレースを圧勝したストレイトガールですら本番3着が精一杯だった事を考えるとそれより劣るであろう同馬に高い評価は出しにくいという感じです

ダイアナヘイロー 体感評価 B-

序盤はちゃんと走れていたが途中から口向きが変わり内ラチの方に寄って行ってしまってるね
前走思いっきりやりきってしまったのでお釣りのない状況でどこまでやれるか・・・

ダンスディレクター 体感評価 B+

前走の阪神カップの追い切りではパートナーに遅れをとってしまったが結果は2着
その時の動きと比較したら今回はしっかり先着 動きとしては申し分ないですね
問題は位置 スプリント戦では後方の位置に置かれており好位から競馬していたのはなんと2年前のシルクロードである今回も位置が後ろになりそうでこのレース差し馬には厳しめだという事
最もこの馬はG1でも戦える力はあると思ってきてるので杞憂であろうと思いたい

ネロ 体感評価 B

この馬もそれほど悪く見せないタイプで追い切りから判断するのが難しいタイプ
近走は安定感が出てきたかのような馬柱を刻んでおり一発があっても不思議じゃない一頭である
とは言え同馬は間があいてるとは言え近3走とも頑張ってきているので余力の面で気掛かりはありますね

レーヌミノル 体感評価 B-

このレースの勝ち馬適性として一番合致してる馬が同馬 このレースを勝つ馬は好位から抜け出してそのまま押し切る
そういった傾向が強く同馬も好位から抜け出しそのまま押し切って桜花賞を勝っている つまりこのレースに対する適性が高い部類にある馬だと思っていますが
追い切りの内容は動きが平凡に見えてしまいこれから大舞台を勝ちに行くというには覇気の面で劣るように映ってしまってますね
適性はあると思ってるので買いはしますが・・・ ぶっとい札を入れたいという気は現状起きなかったですね

ラインミーティア 体感評価 B

追い切りだけならいい動きの方である
しかしこれだけ動けていてもリズムがイマイチとなると今現在は手が出しにくい状態である
それでも走る気は見せているのでまたどこかでポンと馬券になってきそうな感じはしています

ジューヌエコール 体感評価 C

追い切りから良さを感じない リズムもボロボロ ポテンシャルの証明も薄く
高松宮記念のデータ上厳しいポジションと買う要素が見当たらない状態 これは厳しいかな

シャイニングレイ 体感評価 B-

とにかく頭が高い これでは力が通用するしない以前に道中無駄に力んでしまって力が出せれないオチがありそうである
臨戦的には3着ならありといった感じではあるが 上手く乗る事ができるかわからないだけに倍プッシュはできないです

キングハート 体感評価 B+

内の方でしっかり脚を使って伸びており 状態面は申し分ないね
しかしJRAはこの馬に試練を与えてきた それは大外配置
改修後8枠から馬券になった馬は3頭 そのうち2頭はサンカルロとスノードラゴンと馬群を飲み込むくらいの末脚を持っていた馬達でキングハートはそんな脚を持ち合わせてる馬ではない
残りの一頭は好位から進めて3着になったミッキーアイル 上手い事馬込みに入れて集中力を高められれば差しでも激走しそうであるが
自分の中で細工を求められる時点で評価はガクッと下がってしまうだけに現状は相手まで

ラインスピリット 体感評価 B-

この馬も舌を出して走っており 集中力の欠如を感じさせる動きである
ポテンシャルの証明がやや弱いだけに今回は見送りかな
スポンサーサイト

高松宮 最終追い切り

アフォード

Sが強いわりに癖を見せないいい馬である
しかし純粋に力不足な感じは否めないかな

アンバルブライベン

追い切りではガツンと掛る癖を見せたね
前走も掛っていたが結果が出た これが同馬らしさなんだろうね

前走と違うとすれば掛り気味な状態から和らぐのに時間がかかったことくらいかな

エアロヴェロシティ

軽い調整だがコントロールがよく不気味な外国馬である
タイプがよく分からないが
ここを掻っ攫いに来ても何ら不思議はない
そんな馬ですね

オリービン

馬は真面目に走ってるね
ただここでは単純に格負け感があるね
嵌りでどこまでやれるか

コパノリチャード

昨年の覇者 前走はショックの反動で動けなかった
変化が小さい馬なので分かり辛いところはあるが
良い状態にもって来れたんじゃないかと思います
乗り方次第では連覇もあるかもしれないね

サクラゴスペル

難癖を見せる馬だね
前走は何かに嫌気がさし今回は斜めに逸走
追い切りが参考にならない馬である
休み明け激走後なのでマイナスがやや優位になってるが
リズムはいいのであっと言わせてもおかしくはないね

サドンストーム

此方も気難しさを出して走ってるね
これこそサドンストームと言ったところだろう
交互に刻むリズムなら今回は走る番 さあ大穴を開けられるか?
楽しみな一頭である 馬場が悪化するならより楽しみは増すね

ショウナンアチーヴ

集中力を活かすタイプでこういうタイプは走る時
もっとくらい付くような走りを見せるのだが同馬の
リズムが良くないようにまだそこまでのメンタルに持って来れていないのかな
と思わせる内容ですね

ストレイトガール

休み明けでブッツケのG1
そして坂路調教とやることやってきたなという印象は持ちました
あとはフォトパのあの状態からどこまで良くなるかでしょうね
休み明けで馬券から消えたことがない点は不気味だが
厩舎と若さでカバーしてきた面が強く
本質は休み明け走らないタイプと思っているので どうなるか馬券抜きで楽しみである

ダイワマッジョーレ

大きく変わった印象は無いかな
勢いがあるという点から今回も好走できる可能性はありそうだね
あとはストレスがどう響いてくるかだね
勢いが優位に立っているなら跳ね返せるだろうね

トーホウアマポーラ

単走で淡々と走ってるね
周りに馬がいないと本気で走らないタイプだろうね
高松宮と言うよりは団子状態のスプリンターズの方が楽しみな馬じゃないかなと思うね
不慣れであろう休み明けでも重賞を勝っているので能力はある馬だろうね

ハクサンムーン

元々追い切りではそれほど目立つ動きをする馬ではないだけに
難しいところはあるが ショックでの好走後なので今回は単純に失速する
危険性はある馬である
ノープレッシャーで走る馬なので人気落ちでどこまで恩恵を受けるか?

マジンプロスパー

さすがに厳しいかな

ミッキーアイル

追い切りはいかにも中距離的な内容
ロードカナロアが勝った年ならいい勝負になっていたかもしれないね
もしかしたら位置取りが後ろの方になることも考えられるね
距離に対する鮮度も有り爆発の期待値があるのでやはり怖い馬である
人気落ちのオプションが付けばより買いやすい馬だっただろうね

リトルゲルダ

叩いた上積みはありそうだね
あとは当日の馬体重をチェック
減らして集中力を付けたと証明を示してほしいです

レッドオーヴァル

今回ブリンカー?を付けて走っていたが
気持ちの面で萎え気味に映りスプリンターズでピークを迎えてしまった
そんな感じがしますね
道悪の休み明けでダメだったと見直す点は無いわけじゃないが
このレースは人気馬が強い通りリズムが重視されるレースだけに内面の問題は大きな減点材料である

ローブティサージュ

あまり派手さはないがこれがこの馬の良い走りである
前走は得意条件が揃っていたがもう一発あっても不思議じゃない
そんな状態である 乗り手も昨年カレンミロテックで穴を開けてきたので
今回も期待したい

ワキノブレイブ

この馬も単走だと力を抜いて走る馬なので
正確な判断が難しい馬である
強い相手にくらい付くタイプに変わりないが
休み明け走らないリトルゲルダを捉えたのがやっとと単純に実績が足りない点でどうだろうか

ヴィクトリアマイル 最終追い切り

久々の最終追い切り診断であります

馬番 馬名  前走のフォトパ比  前走の追い切り比

1 ストレイトガール フォトパ→ 追い切り→

  大きく変化があったわけではないね 追い切り自体は最後のみの映像だけに
  診断が難しい面がありますが この距離でもやれるとは思えるだけに楽しみですね

2 クロフネサプライズ フォトパ-- 追い切り→

  追い切りは難癖無く走れており操縦性には問題なさそうだね
  ただ前走から大きく前進してきたなという印象は持てなかったかな
  馬鹿にされてくれれば残り目が無いとは言えないが・・・どうだろうか

3 デニムアンドルビー フォトパ↓ 追い切り↑

  ラキシスとハーキュリーズとの3頭併せの真ん中を追走
  出来としてはJCの方が良いのかなと思える感じはしますね
  またマイルはやや忙しいかな
  それでも馬券になる可能性はありそうかな

4 メイショウマンボ フォトパ↑ 追い切り→

  今年から厩舎が変わっており未知なる存在と化したマンボ
  基本休み明けは走る感じには観ていないので前走の負けは特に不思議ではないですね
  叩かれた上積みは見込める感じはしますね あとはペースがどうなるかだね

5 プリンセスメモリー フォトパ-- 追い切り→

  何気に良く動いている感じはしますね
  とは言えこのレースは高齢馬にはキツイ感じはしておりますだけにどうだろうか

6 ラキシス フォトパ→ 追い切り↓

  この仔自体馬体は中距離の2200が一番ベストな感じがするだけに
  ディープとは言えどうかなとなる感じですかね
  マイルを使ってない事で新鮮さがあるので人気が無いのであるならまあヒモってところですね

7 レイカーラ フォトパ-- 追い切り→

  あまり目立った印象は無かったかな
  相手弱体化で狙うと言った感じですかね

8 スマートレイアー フォトパ↓ 追い切り→

  この世代はタフな牝馬多いね 笑
  この仔もまた心肺機能は高そうな馬でタフなレースが向きそうな感じですかね
  追い切りではやや力んで走っているだけに本番は空回りしそうな感じはしますね

9 ホエールキャプチャ フォトパ→ 追い切り↓

  どこまでいっても内面は変わらない同馬なのだが
  追い切りでは若干(同馬からみて)右にずれておりアレ?っとなったかな
  府中マイルで絶対的な強さを見せてきているが個人的に前走勝ってしまったのはいい感じがしないですね

10 キャトルフィーユ フォトパ-- 追い切り→

  こちらも3頭併せで真ん中を追走する形だね
  状態落ちという感じには見えないだけに流れ次第で一発ある感じはしますね

11 エバーブロッサム フォトパ-- 追い切り↑

  叩いて上積みは見込めるが大敗から大きく巻き返せるタイプではないと思えるだけに
  ちょっとなとなりますね ただ競馬だけに3着くらいならもしかしたらあるかもしれませんね

12 ゴールデンナンバー フォトパ-- 追い切り↑

  京都牝馬よりか走法リズムはかなりマシになりましたね
  あとは府中の馬場がこの馬に味方するかどうかですかね

13 ケイアイエレガント フォトパ-- 追い切り↓

  形そのものは前走と大差ないのですが
  馬の内面的には前走の方が良いのかなって気はしていますね
  今回は同型にクロフネサプライズがいるだけにどういう形になるか注目ではあります

14 ヴィルシーナ フォトパ→ 追い切り↑

  フォトパではそれほど印象は変わってなかったのですが
  追い切りは変わってましたね 闘志に火が灯り本来の走りに戻りつつある感じです
  牝馬同士なら馬券になる可能性はある感じはしておりますね

15 エクセラントカーヴ フォトパ→ 追い切り→

  前走から大きく前進した感じはしないかな
  コース適性が上がるけど内面がこれだとどうだろうね

16 ローブティサージュ フォトパ-- 追い切り↓

  前走が最大の狙いどころだったかな レッドリヴェールに食らいついていたのが
  今回突き放されたね 個人的には1200の馬かなと思えるだけに外を引いたここは厳しいかな

17 フーラブライド フォトパ→ 追い切り↑

  基本それほどよくは見せないタイプだね
  上がりが掛かる競馬で強さを発揮するタイプなので
  東京では狙いにくいタイプかな 締まったペースなら
  馬券の可能性はあったけど今回はやや緩くなりそうなので
  展開的には厳しいのかなという感じですね

18 ウリウリ フォトパ↓ 追い切り↓

  馬体の形は悪くないが内面がちょっとなっとなったね
  追い切りでどれだけ併せた相手を離しても結果が良くなるとは限らない
  同馬はキズナ同様自身に打ち勝てるかそれだけですかね

高松宮記念 最終追い切り

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

有馬記念 最終追い切り

◎なし

○カレンミロティック

▲なし

△ダノンバラード ルルーシュ トゥザグローリー オルフェーヴル
 ナカヤマナイト ラブリーデイ

注ゴールドシップ

一言言わせてもらえば 「なんだこれ」

買いたいと思える馬がほとんどいない

カレンミロティックは未知の馬 正直どこまでやれるか分からないです

有馬記念は向正面から動くロングスパート戦のレースが多く
牝馬が中々勝てないのは底力が求められるが故でしょう

ロングランならアドマイヤラクティは買うべき馬ですが 適性値は広いコースよりの馬で
4,2,4と中途半端に好走し続け秋4戦目 目黒で大敗した通り疲労の面が気になるところ 

底力を問われるレースは体力のない馬はあっさり大敗してしまう
多く使われてきている馬や前走無理をした馬はここで脱落してしまう ディープインパクトですらそうでした

オルフェは強いのは言うまでもない事です しかし番狂わせは常に隣り合わせ
オルフェがあえて負けるとしたら気の問題でしょうね

ゴールドシップと同じくオルフェーヴルも気持が萎えたら大敗する馬です それは春天で証明されています
あの時の状況が今回ないとは言えない しかし勝てないとも言えない
有馬記念は夢を買うレース 皆さんの馬券が的中される事を祈ります

プロフィール

天然の馬人

Author:天然の馬人
競馬歴:6年
まだまだ未熟な者 あまり小難しいことは考えない主義であります
殆ど感で予想しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム