06
:
1
2
3
5
6
8
11
12
13
15
16
17
19
21
22
23
26
27
28
29
30
   

訪問者

CBC賞 ラジオNIKKEI賞

CBC賞

・マジンプロスパー

 昨年の覇者首の角度と力からは好調さは出ているが
 全体像を見てみると今一ピンと来ない
 まだ仕上がりとしては7割くらいかな

・ツルマルレオン

 どっしりとした馬体だね
 特に狙いたいと言う印象はないかな

・バーバラ

 牝馬らしい馬体でキレる脚を持った馬
 バランスは良さそうだが 体調面に若干不安があるね

・ハクサンムーン

 高松宮で3着に粘った同馬
 実力はあるが どうやらマイペースに走れないとコケルタイプで
 馬体の仕上がりもまだ休み明けのレベル
 人気がない時にこそ力を発揮できるタイプなので今回はどうだろうね

・アイラブリリ

 仕上がりとしてはマズマズだね
 同馬の事はあんまり詳しくないので 追い切りでその辺は見極めていきたいね

・ザッハトルテ

 腹がボテッとしてるのは気になるが
 全体の印象は悪くないね

ラジオNIKKEI賞

・ガイヤースヴェルト

 仕上がりとしては8割弱かな
 胴が長いね でもトモは丸みを帯びておりここでもそこそこはやれそうかな

・シャイニープリンス

 スッキリした馬体 観た感じは今と言うよりこれからかな

・ナンシーシャイン

 牝馬にしてはデカめのトモだね
 これと言った感じがしないね

・インプロヴァイズ

 ダークシャドウにキンシャサの雰囲気が混ざった感じの馬だね
 仕上がりとしてのレベルは高め 気が強いので追い切りでコントロールできるかどうかを見ていきたいね

・フラムドグロワール

 トモが大きく腹に線が出ているね
 仕上がりとしては悪くはない ただ強気で狙えるレベルではないね

・ミエノワンダー

 一言でいえばバランスの良い馬体だね
 人気が集まりにくいのならこれはこれで面白いかもしれませんね
スポンサーサイト

宝塚を振り返って

掲示板の馬のみですが 久々に回顧がしたくなったレースでしたね

夢の3強対決はゴールドシップの先行策からの圧勝劇で幕を閉じましたね

この日自分は現地で観てましたが 馬券もハメて盛り上がりましたねw

勝ったゴールドシップはこういう重たく時計の掛かる馬場は活きますね
春の天皇賞は異例のスピード勝負で馬に負担がかなり掛かるレース質でした
道中脚を無駄に使った感があったがああいう速いレースには強くはない同馬
敗因はハッキリしていたのでここで人気が抜けなかったのは美味しかったです
負担の掛かるレースから宝塚を圧勝できたあたり改めてタフな馬だなと思わされました
海外のメディアもゴールドシップに注目しだしたようで 追加料払って凱旋門賞っていうのも面白いなと思いますね
凱旋門賞は力がかなりいるレースであり斤量の差も大きいレースなので スピードよりの日本競馬は苦戦傾向にあるのも致し方なし
無尽蔵のスタミナと力のある脚を持つゴールドシップなら出走出来たら勝てる可能性はあるでしょうね

2着に粘ったダノンバラードは川田騎手がうまく乗ったのとマークが薄めだった感がありましたが
こういう馬場やコースは得意馬 有馬あたりで観てみたいなとは思わされましたね 追い切りでいい動きを披露していた事から
ダークホースに指名しましたが勝ち馬が強すぎたね 走法はヴィクトワールピサに似た感じで
いつかはG1タイトルが獲れるのではと思えますね
鼻出血は残念だけど・・・

3着のジェンティルドンナは馬場にやられたと言われていますが 私個人は休み明けが一番響いたなと言うのが感想です
直線でのびていたのですが残り200m地点で脚が鈍くなっており 宝塚の休み明けはタフなレース質故に苦なのでしょうね
それでも3着に来れるのは力がある証拠 今後の彼女も注目していきたいですね

4着のフェノーメノについては 馬場や位置取りが問題視されていますが 春天の反動が響いていたのが原因でしょうね
ダノンバラードの位置で競馬ができればなと言われていましたが ハッキリ言ってあの位置から競馬をしていたら疲労の問題で掲示板もなかったでしょうね 有力どころに先行される形で蛯名騎手は結構難しい立場に立たされたでしょうねあの判断は間違いではなかったはずです しかしあの状況を見せられると騎手は難しいものなんだなと思わされましたね
ステイゴールドにしてはスピードよりの馬で疲労に強くないので使われ続けるのは基本マイナス
ハンデを背負って4着なら今後も活躍に期待が持てれるね

5着トーセンラーもフェノーメノとほぼ一緒の事が言えますね 掲示板に来れたあたりはさすが名手だなと思わされる内容ですね
力のいる馬場は向いておらずまた疲労と言うかストレスが溜まりやすい事も去年の新潟記念で証明されていたので
この着順は力の証明になりますね 秋以降も頑張ってほしいね

小頭数でオルフェーヴル回避と盛り上がりに欠ける面はあったもののいいレースであった宝塚記念
現地に行ったかいがあったなと思いましたし秋の穴馬探しの参考にもなるレースでした 秋のG1が楽しみです

宝塚記念 最終追い切り

ヒットザターゲット

相変わらず変わった走り方をする馬だね
以前と比べてラチを頼る仕草がなくなりまっすぐ走れるようになったね
(ただ完全ではない)
最内を引けたのは同馬にとってはプラス 面白さはあるね

タニノエポレット

ジリジリと走る馬だね
G1の流れじゃどうだろうね

フェノーメノ

前走と違って終い強く追われたね
前走は自分から動くところで動く感じだったのが
今回は感じ取れなかったあたりは気になるところ
それ以外は特に悪さはなかったかな
前走と比べて良い方はどっちかと言ったら私は前走と答えます

ダノンバラード

この走り方を見て思い出すのがヴィクトワールピサ
ビッチ走法でいかにも小回りって感じの走り方だね
精神面も高いレベルにはありそうなので面白い
ダークホースはむしろこの馬かもしれませんね

シルポート

追い切りからは悪さも良さも感じないかな
距離の延長はズブさがある分プラスだが心肺機能がそれほど高走に感じ取れなかったので
完全なプラスではないですね
マイペースに逃げれるのはいいが内回りは早くレースが動くことがあるだけに
その点は気になるところですね

トーセンラー

馬場が重たいのかな?動きは案外だね
今回のこの舞台では適性の面でどうだろうと言ったところですね
フォトパを見た感じ体調面もやや下降気味だったので軸にはし難い馬ですね

スマートギア

力強さがあるのはいいが
厳しい面があるのは否めないかな

ナカヤマナイト

馬なりで走らせる内容だね
適性値があるだけに切ることはできないが
この内容だと着がいいところだろうか

ローゼンケーニッヒ

まだ力をつけてる段階
重たい馬場はローズキングダムと同じく苦手でしょうね

ゴールドシップ

元々追い切りは派手に動く馬ではないだけに
何とも言えないが 自分から馬が動いている様に見えるだけに
期待は持ちたい

ジェンティルドンナ

軽快に坂路を駆けあがれるかと思ったら
休み明けの分か脚が上がったね
強い牝馬だが この内容だと重い斤量を克服出来る感じはしないかな
いつもの力強さが感じられない点も気になるところです

◎なし

○ゴールドシップ

▲ダノンバラード

△ヒットザターゲット ジェンティルドンナ ナカヤマナイト

フォトパドック 宝塚記念

宝塚記念

・フェノーメノ

 春天の時の状態をキープしているかそれより若干落ちるかと言ったところかな
 同じステゴのオルフェやゴールドシップとはタイプが違う馬
 内回りの今回は微妙なところがあるものの 状態は良いので力は思う存分出せれる

・ジェンティルドンナ

 JCを勝った時と比較すると明らかにあっちの方がいい
 しかし牝馬らしい馬体ではないね 牝馬戦なら怪物級
 精神面も高い状態を維持している が重たい斤量に内回りの阪神はこの馬にとってどうだろうね

・トーセンラー

 個人的には前走の方が良いんじゃないかなと思っています
 コースも微妙でラー向きの馬場って感じじゃない気がします
 名手の手綱でどこまでやれるか

・ゴールドシップ

 一目観て変わったと思ったのが同馬
 変わったと言うより戻ったと言った方が正しいか
 トモの作りなんかは皐月を勝った時とほぼ同じである 馬体のバランスも良くなっており
 これは期待できそうだね 

・シルポート

 近走はズブさを見せており マイルではもう良積を出せる力はないのでしょうね
 馬体はいかにも高齢馬の体をしており 純粋に勝負をしては分が悪いが
 一発がないわけでもなさそうな感じですね

・ダノンバラード

 馬体の全体像を感じとってみますと カチカチと言いますか
 重さのようなものを感じますね(良い意味で)
 皐月の時はまだ幼い印象があったのですが あれから大分馬が成長したんだね
 今の出来なら上位に食らいつけるかもしれないね
 欲を言えば首に力が欲しかったところか

・ヒットザターゲット

 まだG1では難しい感じかな これから順調に良くはなりそうな感じだね

・ナカヤマナイト

 どうだろう 馬体を見た感じそこまで良さが伝わってこない
 首に力はあるので調子は良さそうだが トモが寂しく写る感じですね

函館スプリント 最終追い切り

アウトクラトール

追い切りは初見の馬
しっかり走れてはいるね
条件が向いていれば馬券にもなれるだろうが

アドマイヤセプター

精神的な部分でどうだろうとなる追い切りだね
牝馬は立て直すのが難しいだけに
一見走れていても結果が出ないケースは良くあることです
逆もまた然り

アフォード

よく動けてはいるね
ただ何かが足りない感じ

サクラアドニス

前走で大穴を開けた馬だね
我が道行くと言った感じの走り方だね
重賞クラスではまだ狙いたいと言える感じではないね

シュプリームギフト

綺麗なフォームに最後の伸び方は良かったね
重賞でもやれる力はあるので期待は持てる

スギノエンデバー

馬なりで楽々と走ってるね
嵌るか嵌らないかこれに尽きる馬
走り方を見た感じ内面は充実しているので侮れないところはあるね
最も同馬が来る条件は殆ど前潰れのケースですが

ストークアンドレイ

適性値はあるので
面白い存在じゃないかなとは思っている
ここんとこは適性外なレースが続いていただけに
人気の盲点になるかもしれないですね
とは言え相手が強いので恵まれた3着っていうのが限界かもしれませんね

スプラッシュエンド

ここは厳しいそうな感じかな

テイエムオオタカ

終い重視だね
気を抜くことなく走れており反応も良かったね
強い馬はいるがこの馬も
食いつける出来ではあるので楽しみ

ドリームバレンチノ

馬はしっかり走れているね
ただ絶対勝てる馬という感じはしないね
他陣営の作戦次第にはなるが頭を取り損ねる可能性はありそうです

ハノハノ

小脚を使ってジリジリと伸び
最後はグンと加速ですか
面白いさはあるなとは感じましたね

パドトロワ

う~ん どうだろう
スプリンターズを好走したあの頃には到底及ばない動きだね

フォーエバーマーク

凄い動きって感じではないね
好調は示していたのであとは
展開などが味方に付いてくれるかどうか

マイネルエテルネル

良くなるのはこれからでしょうか
夏の小倉なんかで狙ってみたいですね

フォトパドック 函館スプリント ユニコーン

函館スプリント

・ドリームバレンチノ

 昨年の覇者であり本格化前とはいえロードカナロアを下した馬
 出来としてはまだ7~8割程度の仕上がり 実力は認めるが死角が目立つだけに
 絶対的な存在とは?

・パドトロワ

 スプリンターズの頃に近い気は感じるがまだよくなりそうな印象はあります
 函館の適性値は高いので侮れない部分はありそうですね

・アドマイヤセプター

 同馬もまだこれからって感じかな

・スギノエンデバー

 同馬は嵌るか嵌らないかただそれだけの馬
 ここで取捨を決める事は基本難しいタイプ
 開幕で前有利になりそうな今回は出番は?

・フォーエバーマーク

 パッと見首と全体のシルエットがいい感じに見えた馬
 近走は目立った感じではないが 色気はありそうな感じだね

・テイエムオオタカ

 前に観た時は纏まったと言うのか丸みを帯びたシルエットだったのですが
 胴が長くなったね 仕上がりは抜かりないが函館は雨予報と聞いただけにそこは気になるところ

ユニコーンS

・サマリーズ

 どうだろうね 牝馬のこの状態は私個人手が出しづらいです

・チャーリーブレイヴ

 マイル仕様で完成度が高い馬
 仕上がりの面に関しては文句はないですね あとは先週の東京の傾向が同馬にマッチするかどうかが気になるところ

・クラージュドール

 これからの馬だね

・サウンドリアーナ

 先週の傾向ならこの中で最もマッチしそうなのが同馬だが
 流れに任せるタイプなので安心できる軸とはいかないかな

・ケイアイレオーネ

 仕上がり面はよいが 適性が別の方向にありそうでここだと?

・ベリートゥベリー

 可もなく不可もない出来だね 嵌ればそこそこ行けそうな感じですかね

マーメイド 最終追い切り

エイシンラトゥナ

まだ馬が本格化していない段階
モタレ癖っぽいしぐさが見えた点も気になるところ

マイネオーチャード

力任せな走法で
首の使い方がやや不器用だね
雨でも降れば一発あっただろうが どうだろうか

エスピナアスール

3走前に大穴指名した馬
長くいい脚を使える馬で
広いコースで走らせてみたい馬
ただスピードがないので速い決着には向いていないかもしれませんね

ピュアブリーゼ

福島牝馬と比べると 若干疑問はあるが
それでも集中して走れているので気にすることはなさそうかな

コスモネモシン

フォトパはいかにも休み明けの感じだったが
追い切りは動くね この馬の怖いところは
突然一変するところですね
良い意味でも悪い意味でも一変するため
最後まで見ておく必要がある馬です

アロマティコ

この馬は癖がある馬だね
乗り手の技量がかなり試されるね
それにしてもまだ能力は全開って感じではなさそうだね

ミッドサマーフェア

馬なりで淡々とポリトラックを走る内容
良い動きにはなっている
近走はパッとしないがホエールキャプチャのように
牝馬は突然好走するので侮れないですね

ピクシープリンセス

折り合いに専念させているのだろうか?
放せば爆発しそうな感じですね
力がある馬でスピードもそこそこある馬
何かが足りない気がするが動きはいいですね

アグネスワルツ

この世代のクラシック出走馬も殆ど引退してしまい少し寂しいですね
(私が競馬を始めた時のクラシックシリーズがこの世代だった)
動きを見た感じ「ん~」となりましたね
無事に回ってこれればって気はしています

エーシンメンフィス

京都牝馬の時と比べるとどうだろうね
ちょっと操縦性に難しさが出たのではないかな?

マルセリーナ

馬がズブいね
距離が延びることはそれほど気にすることじゃないけど
もしかすると母性本能が目覚めたかもしれませんね

◎なし

○ピクシープリンセス ミッドサマーフェア

▲ピュアブリーゼ エスピナアスール

△コスモネモシン

エプソムカップ 最終追い切り

アカンサス

大きく変わった印象はない
馬が走ることに嫌気をさしている感じである

アドマイヤタイシ

集中してまっすぐ走れているね
馬体は地味だが精神力はいい
ケチをつけるなら首の使い方が荒い事かな

クラレント

全体の動きは東京新聞杯の方が上だが
心肺機能が高そうで距離が延びることはそれほど苦にしないと思います
ただ雑な動きなのでその点は不安ですね

サクラアルディート

どうだろうね
いいなと思える印象が感じないです

サトノアポロ

追い切りは真面目に動くタイプではなさそうだね
好調ではありますが軸にし辛いタイプです

サンレイレーザー

前走と比べるとやや疑問を抱く動きだが
それでもガクッと下がったわけではないです
前走で違った競馬をしたので内面がどうかってとこですかね

ジャスタウェイ

動きがフワッとするね
個人的に狙いたいと言える出来ではないですね

シルクアーネスト

ズブいね
今一つかみ辛い馬なのでパドックは見ておきたいです

スズジュピター

嵌れば大懸がありそうな感じだね

セイウンジャガーズ

綺麗なフォームだね
脚の使い方なんかは東京などの広いコースでこそですね
純粋な力関係で微妙なところだが
他の有力馬が万全でない今ならチャンスはありそうですね

タムロスカイ

力強い動きで体調の良さは目につくね
ただスピード勝負になるとちょっとどうかなって感じになりますね

ドリームバスケット

軽快に飛ばすね
脚の回転が速く休み明けにしては
悪くない動き 一発の期待は持てます

ファイナルフォーム

近走の走りと比べても大分馬が良化したね
長くいい脚が使えておりここはベストの条件
ただまだ荒い部分も垣間見せてたのでその点だけは気になるところ

リルダヴァル

しっかり走れているね
バランスの良いタイプで苦手とするコースは基本ない馬です
ただ決め手というか飛びぬけたモノがないため
重賞じゃ地味な印象になってしまう同馬
出来は申し分ないのでここで初制覇なるか注目したい

◎なし

○ファイナルフォーム セイウンジャガーズ

▲アドマイヤタイシ リルダヴァル

△サトノアポロ サンレイレーザー クラレント ドリームバスケット
 スズジュピター

フォトパドック エプソム マーメイド

エプソムカップ

・リルダヴァル

 パッと見た印象は 地味な印象を持つ馬
 特別抜けたモノが感じない馬ですが状態は良いですね

・ジャスタウェイ

 馬体のバランスが大分良くなった気はします
 ただ気の荒さは増しているようですね 

・サンレイレーザー

 トモが大きいね
 ズシッとした印象がある馬だけに力勝負が向きそうな感じですね

・アドマイヤタイシ

 高い精神力を持つ馬ですね
 パッと見た印象はどこか欠けている感じですね
 ここまで連続2着なのは精神力が高いが故に走ってこれているのでしょうね

・サトノアポロ

 ここの厩舎にしてはアレ?っとなる出来
 先を見据えて7割くらいの出来といったところだろうか

・ファイナルフォーム

 同馬も仕上がりとしては首を傾けるレベル
 ラジオNIKKEI賞の頃の方がよかったね
 適性値は向くので着には来れるかも

マーメイドS

・アロマティコ

 秋華賞の頃と比べるとまだ秋華賞の時の方がいい
 出来としては普通のレベル ここは能力がどんなものかを観るべきだね

・エーシンメンフィス

 同馬はパワータイプの牝馬で
 スピード決着には滅法弱い印象
 阪神は向きそうだが 先週の傾向だとどうだろうね

・ピュアブリーゼ

 オークス以降はパッとしなかった同馬
 出来としては及第点ではある
 古馬になってからはよく見せるタイプじゃないだけに追い切りは観ていきたいね

・コスモネモシン

 出来としては休み明けレベルだね

・マルセリーナ

 桜花賞を制覇した時の威圧感が感じないね
 馬体がスッキリしておりこれがいいのか悪いのかは何とも言えないですが
 キレが増した感じはするので一発はあるかもしれません

毎年両重賞は出来が8割満たすかそうでないかくらいの出来の馬しか出走しないので
現状では甲乙つけがたいですね

プロフィール

天然の馬人

Author:天然の馬人
競馬歴:6年
まだまだ未熟な者 あまり小難しいことは考えない主義であります
殆ど感で予想しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム