11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

訪問者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ フォトパドック

最近は仕事とG1で中々いい馬がいない事もありロクに記事を書いていませんでしたが
ジャパンカップは久々に興味深いレースになりそうなので記事にしていきたいです

・ラブリーデイ

 現在連勝中の同馬 普通ならリズムが途切れるまで逆らう事が出来ないタイプだが
 そのリズムがここで切れてしまうのではないか そんな感じの出来に見えますね
 前走も最後にステファノスに詰め寄られてる通り延長に対する疑問が浮上しているだけにどうか

・ゴールドシップ

 惨敗後の休み明け 前走は完全に疲労による出遅れでヤラズ
 今回は馬自体は動ける状態でしょうね
 府中は向かないと思われているが一応その向かない府中で後のダービー馬や秋天馬を一蹴しているんですね
 この馬が走る時はいつも番狂わせがあるだけに毎回悩まされる馬であります
 馬の出来はこの馬なりです

・ミッキークイーン

 前走はそれほど信用はしていませんでしたが結果は見事秋華賞勝利
 強い そして適性舞台になる今回は厄介な馬であるだけでなく鮮度も高いだけにこれは穴馬にとって強敵となる存在です
 SCっぽさが伝わる馬でこの世代で唯一古馬と戦える馬でしょうね

・カレンミロティック

 この馬は府中向きのタイプではないと思うだけにどうか
 また秋天で二桁に負けた馬がジャパンカップで巻き返したのがトーセンジョーダンだけと酷な条件です
 G1で善戦しているとは言え今回は見送りが妥当でしょう

・ヒットザターゲット

 札幌記念からのブッツケ こういうローテが少ないとは言えジャパンカップは間隔が開いた馬が好走した例を聞かないだけにどうだろう
 ただ異端性はあり内枠を引いた時は一考ですね

・ショウナンパンドラ

 オールカマーの勝ち方が鮮やかで適性はおそらく 小回り>府中 でしょうか
 ただリズムは良いので警戒が必要な一頭でしょうか

・サウンズオブアース

 京都大賞典2着と言うこのローテで思い出すのがレガシーワールドでしょうか
 しかしレガシーは重賞勝ち馬であって同馬はまだ未勝利
 それでも良い質は持っており 前走もラブリーデイとはそう差が無い競馬をしていただけに面白い馬ではありますね

・アドマイヤデウス

 仕上げは良い部類 しかし同馬も府中が良いタイプではなさそうですね
 馬の力はG1でもやれそうな気はしています
 ここは有馬記念に繋がるレースをしてほしいですね

 ただ二桁で敗れてるとは言え馬場や展開次第ではここを走ってしまう可能性も否めないですね

・ラストインパクト

 ディープインパクト産駒は良い時は良い悪い時は悪いと白黒がハッキリする馬が多い
 乗り手が強化されるとは言えどうだろうか
 また本質が府中って感じがしないだけに好走を望むのは酷だろうか 

・ダービーフィズ

 馬の出来は特に悪いところはないのですが
 さすがに格不足か 府中向きそうに見えて府中向きじゃないんですよねこの仔
 2400もこの馬にとって長いかなって言う感じはしますね

・ペルーサ

 既に8歳馬 全盛期ですら5着が精一杯である通りここは向いていない
 ただそれでも頑張ってほしいのがこの世代好きの私の思いである
 ダービーで栄光のG1馬になり挫折の繰り返しから秋天を勝ち感動を与えてくれたエイシンフラッシュ
 皐月賞はインから強襲 ブエナビスタの猛追をハナ差退けた有馬記念 そして震災で暗かった中ドバイで輝きを見せてくれたヴィクトワールピサ
 朝日杯で一族の悲願を達成しジャパンカップで繰り上がりだが1着になり私の3連単的中+αに貢献してくれたローズキングダム
 高速のNHKマイルで圧巻の強さを見せつけたダノンシャンティ
 神戸新聞杯でローズキングダムとエイシンフラッシュに置き去りにされたが菊花賞で早め先頭から押し切り競馬の勝ち方を教えてくれたビッグウィーク
 出たり入ったりと面白いレースを内でじっと我慢して悲願を達成し3連複的中に貢献してくれたヒルノダムール
 荒々しいところはあったがマイル路線で念願のG1馬になったエイシンアポロン
 オルフェーヴルら後続を尻目にまんまと一人旅を済ませ大波乱を演出したビートブラック
 国内G1は制覇できなかったが海外でG1ウィナーとなり有馬記念で豪快な出遅れを演出したルーラーシップ
 ダートで猛烈な強さを見せ学君のG1制覇に貢献し高配当を演出してくれたニホンピロアワーズ
 短距離界の女王で後の王者ロードカナロアを下した純粋なスプリンターカレンチャン
 ムラがありゲート入りをゴネたりサンテミリオンとの記憶にも記録にも残る同着を作り叩いて走る叩き良化型と言うものを教えてくれた三冠牝馬アパパネ
 雨降る中同期の三冠牝馬が唯一成し得なかったエリザベス女王杯の冠を同世代として受け継いだレインボーダリア
 出遅れたり悲願を達成したり歴史的な記録を打ち立てたり意思を受け継いだり感動を与えたりペルーサ10年世代は私の初クラシック世代でこの世代の馬達には競馬の面白さや馬券的にもお世話になりました
 この世代に出くわさなかったらおそらく競馬は続いてなかったかもしれません そういう意味ではこの馬を純粋に応援したいですね

話が逸れましたがここまで書いて思ったのは今年は外国馬に持っていかれてしまう可能性があるのではないかと言うことでしょうか
ただまだ可能性の段階であって断言はできません
最終追い切りと当日の状態等をこの目で見て馬券を獲りたいですね
このレースは格とリズムが重視されるレースなだけに前走二桁に敗れてる馬はよっぽどの事が無い限り巻き返しは難しいでしょうね
スポンサーサイト

プロフィール

天然の馬人

Author:天然の馬人
競馬歴:6年
まだまだ未熟な者 あまり小難しいことは考えない主義であります
殆ど感で予想しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。