04
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

訪問者

セントウルステークス 考察

アドマイヤゴッド

3走前は11 8で6着
2走前は位置を上げ馬郡の間をぬって1着
前走は位置が下がり上り2位の5着
全て同距離で走っており前走上り2位の脚を使えてるなら位置を上げて若干期待できそうに思えるが
やや頑張ってる感も感じるため大きな期待は持てない 3着争いで

メラグラーナ

3走前オーシャンを9番手から上り2位で勝ってるが
続く高松宮は13 12から10着に大敗
前走のCBC賞も変わらない位置から進も10着とまたしても大敗
近2走は雨に見舞われてはいたがこうなると馬自身に問題があるのではないかとなるためこれは買えない

アルティマブラッド

3走前オープン戦を3番手から3着
続くCBC賞は6番手からも13着に惨敗
前走は再び3番手から行くも差のない6着
悪い馬ではないが若干人気してるのか~
変に揉まれなければ上位に来れても不思議ではない

ツィンクルソード

それなりに見ていた前走は1200が忙しかったせいか見せ場なく惨敗
今回は慣れて2戦目 ガス抜き戦と捉えてもいいがパンチ不足な感じは否めない

プレイズエターナル

こちらもいい脚をもっているがパンチ不足かな
前破綻+後続の有力馬が動けないくらいでないと馬券圏内はきつそうな気はするが
それでも2~4走前は直線を使ってるので全く要らないと言わない

ラインミーティア

1~4走前まで直線競馬を使ってきて全て上り2位以内
こちらもいい脚を繰り出し続けてるので警戒したい一頭だが
直線に対する適性があまりにも高いんじゃないかとなるのでこの延長臨戦がどう出るか
まだ買えるラインに立ってはいますので3連複の2列目くらいに入れておきたい

ファインニードル

前走はタコ負けするかと思ったが思ったよりも頑張ってたね
しかし今回も人気ですか 外人効果はすごいですね
2走前3番手から上り3位の1着がある為今回も今回でめんどくさい人気馬です

ワキノブレイブ

3走前は1200で6 7番手から行くも12着
続く距離延長戦では6番手と変わらず追走し4着
同じ距離の前走は2番手と位置を一気に上げるも9着
今回は休み明けの短縮戦だが休み明けがいいタイプと思っていないだけにここは見送り

ミッキーラブソング

休み明けで挑んだ前走は11 10と行くも何も起こらず14着
ただ着差は0.5と着順ほど大きく負けてはいないので格不足かもしれないが先行できそうな今回買ってみる価値はある

ワキノヒビキ

3走前は7番手追走で2着
2走前は距離を延ばすも何故か殿追走で上り3位の13着
再び距離を1200に戻した前走も16頭中15番手追走で上がり最速の8着
上がり最速を叩き出せるが思ったほど着順が上がらないところを見ると脚を溜めるよりはある程度の位置から進出したほうが
いいのではないかと思えてしまいますね 格不足も相俟って買いにくい

スノードラゴン

2走前にダートを使い10 8で3着
前走は15番手から行き上り3位であわやの5着
息の長い馬だが昔ほど決定力がないため推しにくい馬である

ラヴァーズポイント

いい感じかなと思ってた前走は6 8番手で10着と案外な結果
今回は外に振られる羽目になってしまい 買い時が何時になることだろうか
昨年は3着だったが2走前CBC賞好走していたので買えたが今年は買い辛い

ダンスディレクター

スワンでは8番手から行き4着
同じ距離の阪神カップは4 3と位置を上げて上り3位の4着
活力の入った前走は差しに回り見事上がり最速の1着
いい馬だが休み明けで挑んでくる今回ボケていそうでちょっと手が出しにくい

フィドゥーシア

3走前の1200で2番手から1着
2走前は直線競馬で先行し上り3位で1着
アイビスサマーダッシュは逃げの手を打ちラインミーティアに差され2着
1000で逃げの手が打てている通り外枠ではあるが今回すんなり前に行けそうな最も厄介な人気馬
この馬から来そうな穴に流す馬券を購入するべきなのかなと思わされるセントウルである

今のところこれと言った穴はおらず正直見送ったほうがいいんじゃないかと思わされる重賞です
穴はアルティマブラッド ラインミーティア アドマイヤゴッド プレイズエターナル ミッキーラブソングが候補だが
どれも期待感は薄いです

新潟記念 考察

タツゴウゲキ

3走前は3番手から進め3着
そこから距離延長の七夕賞では5番手から行くも途中不利を受けて6着
そして前走で仕切り直しに3番手から行き内から鮮やかに抜けだし上がり3位の1着
パッと見交互チックな馬柱だが2走前は不利を受けての6着なので交互と決めつける事はできない
それでも前走結構頑張ったのでそのダメージがどれだけあるかだけは心配である

ルミナスウォリアー

ついに重賞ウィナーになった同馬
3走前AJCC位置を押し上げて上がり3位の4着 そこから金鯱賞で9番手から行き5着
間隔をあけた函館記念は9 8 7 3と捲りに行って上がり2位の1着
使った上積みを期待したい人もいるでしょうが私個人前走で頑張ってしまったと受け止めたので
ここは凡走すると予想します

シャドウウィザード

3走前の新潟大賞典は前目で進めるも11着
2走前は距離を若干縮め6 7 8と行くも12着
前走は距離を戻して5番手に上げて進むも4着
単純に足りなさそうかな

ロッカフラベイビー

3走前の福島牝馬は調整ミスで力が出せず10着
そこから同距離で10番手追走も上がり最速の7着
その次の佐渡では小頭数だが上がり最速で1着
連続で上がり最速を出せると言う事は馬の調子は良いでしょう
あとはここで純粋に通用するかどうか それだけである

ロイカバード

3走前はダービー卿で後方追走で8着
2走前は若干位置を上げたが13着
前走は距離を延ばして7番手追走から上がり3位で2着
マイルを続けて使われていたところに距離を変えて刺激を受けたような2着なので今回積極的には買い辛い
しかしディープのリズムと考えるとめんどくさい部分もあるだけにバッサリ出来ない現状である

ハッピーモーメント

3走前の2400では3番手から行き上がり2位で1着
そこから同距離のレースでは5 4 4 3とジワリと行くも6着
前走の目黒記念はほぼ同じ位置で進めていき3着に好走
このディープは買えないかな 鈍臭そうなイメージがあるので大幅短縮の今回遅刻しそうな気がするので
差しの実績も乏しい今回穴でも買いたくないです

カフジプリンス

ダイヤモンドから大幅短縮で挑んだメトロポリタンでは遅刻することなく2 3番手から競馬するも4着
続く目黒記念は何故か後ろからの競馬になり7着
そこから距離を縮めた小倉記念では前に行けずも5着 鈍臭いかと思えば大幅短縮で前に行けると言う謎めいた馬です
2400 3400 2400 2500 2000と異なる距離を使い馬に刺激が与えられており
この新潟替わりで前走より楽になればおそらく先行できると思うので穴をあけるならこれですかね(と言うか開けてほしいです

フルーキー

2走前は後ろから行き上がり最速の4着ですか
3走前も前目につけられており 前走も位置を押し上げていけて9着なので馬自体は走る気が失せてはいないのだろうが
年齢的な衰えを前から気にしていた者として 来ても3着争いという感じでしょうか

スピリッツミノル

宝塚で戦いに行って7着 これが悪くない内容だっただけに前走それなりに観ていたが後半ズルズル下がってしまい9着
ガス抜きと言うとちょっと違うなって感じがする これもカフジプリンスと同じで刺激を受けており爆走の可能性は秘めているが
持ってるポテンシャルが低いためちょっと手が出づらい ただ逃げた時は怖い

ソールインパクト

安定感がある馬柱 それ故に破壊力に欠けるため頭で買い辛い
まだ鮮度はあるので続けて走って来ても驚かないが 本質はマイルかも

アストラエンブレム

勢いが出てる1番人気ですか めんどくさいですね
大阪城は京都金杯から距離を延ばし最速の1着
そこから同距離のメイでは4番手から行くも上がり2位でタイセイサミットの2着
そしてエプソムではさらに2番手に上げて行くもダッシングブレイズの襲撃の前に上がり3位で2着
今回初の2000となるが本質は1600くらいかな 2000はギリギリも長い直線よりは皐月賞みたいな2000の方が向いていそうである
差し脚はあるので控えて破壊力を温存し弾けると言う手はあるがそれだと勝ちを零しそうで前に行ったら行ったで体力面で落ちそうなので乗り難しい一戦である

マイネルフロスト

これは正直驚いた 前走はパンクするだろうと思ったところを強い横綱競馬で2着に来たのだから
ただこの内容は馬に相当のダメージを残したと思うのでさすがに今回はパンクするだろうと予想

トーセンバジル

2番人気かあ~ 前走春天は完全にお手上げの競馬だったのでそこから間隔とった今回走れるタイミングであろう
アストラよりも厄介な人気馬である

ラストインパクト

ジャパンカップで際どい2着に来たのもつい最近かと思えばもうすぐ2年になるんですね
近走はダートを使っていますが共に後ろからの競馬となり9 8着
距離を延ばし芝に戻った鳴尾でも後方からの競馬となり8着 こうみるとさすがに厳しいかなともなるが2走続けて上がり3位の脚は使えており
まだ完全には終わっていない 先行力はある馬なのでまだ見限れないと言えば見限れないがもうワンパンチ欲しいなと言う印象もあるので軸は無理かな

マイネルスフェーン

休み明けの青葉賞は果敢に先行するも9着
ダービーは何もできずに惨敗
そこから距離を縮めたラジオNIKKEI賞では8 7 9 7とちょっと不細工な競馬で上がり3位の5着
大きく巻き返すタイプではないだけにこの調子の上がり目は怖いが大外は痛恨 頑張っても3着くらいがいいところでしょうか

トルークマクト

4走前は人気のアストラエンブレムと差のない2着だがその後は距離を延ばし大阪城より前目で競馬するも10着
同じ距離の格上げ戦は後ろから行くも上がり2位の6着 そして前走は距離を延ばすも何も起こらず惨敗
アストラとの接戦って事を考えればこの人気は舐められすぎてるが 大外から飲み込むには少し足りない印象もあるので相手で

ウインガナドル

ここ2走は逃げて 上がり2 3位 今回も逃げるのだろうが今年の3歳馬は抜けて強い馬がいないので信憑性は高くない
外から体力を求められるって言う点をみると買いにくさが出ています

新潟2歳 キーンランドC 印

キーンランドC

◎イッテツ
〇ヒルノデイバロー
▲フミノムーン
△ナックビーナス
△エポワス
△モンドキャンノ

新潟2歳

◎プレトリア
〇キボウノダイチ
△13 15

印はこんな感じです

キーンランド 軽く考察

ブランボヌール

昨年の勝ち馬 今年のローテはスプリンターズを7 8と追走して0.3秒差の11着から同距離のダウンシルクロードを5 7と追走して13着
から同距離同格の函館スプリントを4 3と位置を上げて9着 こう見ると多少なりと調子は上がってきてるみたいだね
ただもうワンパンチほしいのが本音 まだ強気で買える馬ではないですね 時計が速い馬場なら割り引きたい

イッテツ

3走前はダートの短距離を逃げて7着そこから芝のG3函館SSを7 8と位置が下がるも5着 そして前走は2 1と前目に置いて上がり2位の1着
単に見れば前に行けなかった馬の位置取りショックで済みそうだが上がり2位で勝ち上がったという点は個人的にいいなって思えたのでここでも買ってみたい

ネロ

京阪杯を楽に逃げてそのまま1着もその次のシルクロードは前にこそ行けぞ大敗
前走のサマーダッシュは58キロを背負ってはいたが後ろからの位置になってしまい何事もなかったような10着
見直せそうな要素はないわけじゃないが勢いで走るタイプが続けて大敗というのはいい気がしないのでワイドや馬連とかでは買いたくない

ヒルノデイバロー

3走前5 4番手から6着 同距離格上げの京王杯SCは逃げて4着 前走は距離を縮めて3 2からの上がり最速で差のない2着
いつも何か足りないという印象を持っている馬でそれが原因で阪急杯買えなかった未練がましい(本命トーキングドラムだったので)馬です
前走の内容が今までの印象を覆すモノでこれは買って損はない 人気も想定では無いのでお買い得ですよ奥さん

ノボバカラ

地方の1400mG3を3 3 1 2で3着 そこから根岸で10 9から惨敗 そして前走芝替わりで距離を縮め13 13で上がり最速の7着
前走はこの馬らしくない脚を使って魅力的に見えるが自分には爆弾を残したなと思える結果に見えますね
理由は休み明け -16で思いっきり頑張ったから おそらくこの馬は我慢できるタイプではないと思うので前走のダメージは解消されないでしょう それ故の爆弾を残したデス

ナックビーナス

格上げの京都牝馬は4番手から行くも7着 距離を縮めたオーシャンでは同じ位置で競馬をし着差0.1の2着
そして格上げの高松宮は大外から6 8と行くも着を上げる事が出来ぬまま8着
内容的にはそこそこ良く休み明け得意なダメジャーなので博打要素ある騎手だが買ってもいいかな

フミノムーン

京阪杯はその前のレースとほぼ同じ位置で競馬をし上がり最速の3着 その次は頑張ったツケが出たのか10着に敗れる
そして前走は休み明けで3 4と小頭数ながらも位置を上げ上がり3位で1着 異なる位置から勝った馬なので今回そこまで高い評価はできない
しかし3位以内の脚を使えたって点を考えたら隅っこで買ってもいいのかなってなりますね

エポワス

大阪ハングルを5 4番手からの上がり2位で1着 そこから格上げの短縮で7 9から上がり3位の3着
そして前走は同距離のダウンで3 4と位置を上げるも7着に敗れる
2走前から位置を上げての負けと持ってた爆弾を全て投げ捨てたので今回は十分狙える位置にあるね

モンドキャンノ

新馬から朝日杯までの流れが勢いで上りつめた感がある結果 それ故得意条件位置取りでなかったここ2走であったと言えど
この馬を強気で買う気はしない ただまだ差し競馬をした時の反応が分からないのでバッサリまではいかないです
それでも今年の3歳馬は強さを感じないのでやはり切るべきなのか・・・?

シュウジ

今年もマジックモレイラ騎乗の参戦ですか 阪急杯は3番手から行くも珍しいハイペースに巻き込まれたからか8着に敗れる
高松宮は果敢に行くも馬のリズムが死んでしまったのか15着に惨敗
前走も果敢に行く事は出来たが10着
前に行く事は出来ているのだが着順が二桁続きとリズムが今一 そしてどういうわけか58を背負う羽目になっており
ただでさえリズムが悪い上に物理的に不利な格好となってしまっただけに位置を下げたとしても好走するイメージは沸かない

ソルヴェイグ

スプリンターズから休み明けで挑んだシルクロードは逃げて6着 そこから高松宮で6番手からの競馬をするも差が詰まらず9着
そこから距離を延ばして楽に逃げ粘れればと予想していたヴィクトリアマイルは理想な逃げを打ってはくれたものの及ばずの5着
前走はチャンスと思っていたが5着 弱いのか? 基本人気が薄い時の方が走るというイメージがあるので注目を浴びる今回は買いたくない
また差しの実績が乏しいため前に行けなかった時致命的になるので評価は低めですね 外枠もそれほど歓迎できない

ライトフェアリー

3走前6番手で3着 2走前5 4から4着 前走2番手に位置上げて1着
言ってしまえば普通に勝ち上がってきたあがり馬 異なる競馬で上がってきた馬なので格上げの今回は見送り妥当

メイソンジュニア

ファルコンは2歳優駿から芝替わり距離短縮で3番手3着そこから距離を延ばした雨のニュージーランドを逃げて2着
そして休み明けで距離短縮で挑んだCBC賞は2 3と行く事は出来たが12着に惨敗
おそらくリズムを大事にするタイプなのでこの下りは不味い まだ距離縮めて前に行けて入るので完全に死んではいないだろうが
復活するにはまだ時間がかかりそうである またJRAに投げ捨てられたような大外枠も個体を考慮すると歓迎できるタイプではないだろうね

先週は高い評価をしていたナリタ2頭が見事激走はしたもののそれぞれ見送ってしまった ラインスピリット サクラアンプルールが来てしまっただけに不甲斐ない結果に終わってしまった
今回はキッチリ嵌めたいです

今手元にあるデータで注目は ヒルノデイバローとイッテツですかね
次点はナックビーナスとガス抜きしたエポワス です

札幌記念 軽い考察

サクラアンプルール

内枠替わりで2走前は前目で競馬して潰される結果
前走は大外から差しに回るも何もできず9着 内替わりで買いたくはなるが個人的にはタイミングではない
そう思ってるので今回は見送り

ナリタハリケーン

上位が破綻したら突っ込んできそうな馬 2戦連続上がり2位と調子は良さそうなだけにね

ヤマカツエース

2走前前走と見ると本格化してきた感はあるが間隔が開くとボケるところがあるのか凡走するケースがある
それだけに評価は3番手くらいが妥当

ロードヴァンドール

前走苦を味わった後のダウン戦 2走前逃げて2着3走前ハイペースで3 2 2 2と追走して4着と力の証明はできてるので
逃げればまんまと逃げ切る可能性は高そうだね

マウントロブソン

久々の前走は小頭数で4 3 3 3から上がり2位で1着
如何にも弱い相手には強いって感じでアップ戦の今回は初の古馬重賞と言えどモレイラが乗ると言えど買い辛い

タマモベストプレイ

3走前の阪神大賞典が2番手追走でサトノダイヤモンドの圧力を受けながらも4着に踏ん張る強い結果
春天は殺人ペースで何もできず終わり 大幅短縮のダウン戦の前走は3 3 4 3と来て2着
高齢な馬だけに反動が気にはなるがリズムが重視されやすいレースなのでもう一度買ってもいいかも

サウンズオブアース

最も悩ませる馬で乗り手も悩ませる騎手 どう乗ってくるか未知数なだけに切るに切りにくい

ツクバアズマオー

2走前は5番手追走から11着と惨敗
前走も6 10 9 8と行くも10着
一気に巻き返すタイプでもないので見送りかな

ディサイファ

前走安田で短縮臨戦にもかかわらず3番手を確保出来た
まだ馬は終わってない

サングラス

先週エルムに名前があったはずなんだがな
迷子かな?

アングライフェン

緩い巴賞を後ろから追走して上がり最速の2着
距離を延ばした格上げ戦の前走は6 5 5 3と戦いに行くも4着
京都記念でも謎騎乗で5着に来れてる通りやれる力は持ってるが この乗り手とは相性は合わなさそうで評価がし辛い

マイネルミラノ

斤量で泣き 今回は枠で泣く う~ん持ってない感が漂う

エアスピネル

大外ですか
マイル4戦中3戦が上がり3位以内と優秀な結果を残してきてるが その割には破壊力が欠けるように見えてしまい
この大外はちょっと可哀想に思う 今回乗り方には高度な注文がつくだけにあまり強気な事は言えないですね

プロフィール

天然の馬人

Author:天然の馬人
競馬歴:6年
まだまだ未熟な者 あまり小難しいことは考えない主義であります
殆ど感で予想しています

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

検索フォーム